知らしめるためのブログ ~akiLaの日記~

主にお知らせ、それにまつわる物事についてつらつら書きます。

まあさマイムワークショップに参加しました🙋

12月8日、まあささん@maasaTw  というパフォーマーのかたのマイムワークショップに参加しました✌

僕自身、ノンバーバルコミュニケーションについて自分のなかで大きなテーマにしています。

ノンバーバルコミュニケーションや、声の高低や強弱のみで何がどこまで伝わるか、または観客に何を想起させるか、ということが僕の中で大きな問いになってるのはどーしてかとゆーと、
グローバリズム同様、世代間コミュニケーションでも齟齬が起きる現代において言葉にならないコミュニケーションが大切になってくると思うからです。

それもあって、どこの国の言葉でもない言語を話す役をしたことがあります(笑)

それほど、言葉を使わない表現にたいして非常に興味があったときに、Twitterでワークショップのお知らせがあり、申し込みをしました💂
「壁のアレとかエスカレーターのアレ的なパントマイムかな!」と思ったら、

とてつもない、すごい次元の、それでいて、飢えていた自分に火がつくような、時間でした。
凄まじきとこに、来てしまった。

内容については、もちろん身体動作に主眼を置くワークでしたが、忘れていたエッセンスをいくつも思い出させてくれました。
そのように復活した、数々の生理感覚においてもっとも重要なのは呼吸です。
呼吸は生きる人間にとって不可欠です。
ゆえに、呼吸を振り付けのようにパフォーマンスに盛り込むことで、その表現が、「じか」なもの、のっぴきならないもの、になります。
間もつなげます。
あとは、個人的な肉體への捉え方、パーセプションでしかありませんが、
呼吸をすると、頭蓋が広くなり、脳も緩むような、そんな感覚がむかーしからあります。
僕の身体にたいする見解は、
脳も體の一部であり、身体中の神経細胞もまた、脳の役割をしている、そんな感じです。
「身体ー脳」という対立構造図式ではなく、身体のなかに脳も含まれている、そんなかんじ。

そうなってくると、僕はよく、ワークショップとかでも、「アンギラス」の話をします。

アンギラスとは、ゴジラが初めて戦った怪獣です。
恐竜でいうところの、アンキロサウルスのように地面にお腹を這いつくばらせて四足歩行する、身体中トゲトゲの怪獣です。

ゴジラがゆっくり動くのにたいして、アンギラス
めっちゃはやく動けます(そういう設定)
だからゴジラが攻撃を当てられず、苦戦を強いられます(そういう設定)

じゃ、なんでアンギラスは速く動けるかというと、
なんと、身体中に脳味噌があるからです。
あるんです!(カビラ)

だから、手足やしっぽなどにも頭脳がついており、それぞれ繊細な動作を可能にするため、素早く動ける、そんな屁理屈が理由です。

ぼくは、上記のような身体観が、とても好きです。実感を伴ってるからです。
今回のまあささんのワークショップのように、呼吸をすることで、脳を、體を緩ませる、そうするといいアイデアが生まれるし、無駄なリキミがないから流れるような表現もできる。
そういうことを大事にしてた自分を再発見し、今後も大事にしようと思いました✨

そのあと、自由ヶ丘のカフェにまあささんと参加者の皆さんでいきました。
自由ヶ丘という言葉を聞いただけで、まだ上京して1年の僕は「年収2000万以上の人しか入っちゃいけない街や…」と恐れおののいておりましたが、楽しく、深く、豊かなお話ができて、よかったです。

その話のなかで、演劇教育のことが挙がりました。
演劇教育は公立私立、小中高大関係なく必要であり、効果があります。いろんな効果がありますが、僕は多様性への対応に、演劇教育ならではの教育的メリットがあるように思います。

多様性の例としてまずひとつに外国のかたとの関わりかたがあります。外国人労働者流入が容易になった昨今、外国生まれの子供も日本にどんどん増えるでしょう。そういう、日本のルールを前提としない相手にたいして、どのように接するか?

二つ目は家族の多様化です。
自民党のなかにも、野田聖子河野太郎あたりが(限定的ですが)選択的夫婦別姓が現代に適合する制度なのではないか、と考え、それを発信できるくらいの世の中になりました。
そして、僕自身、両親の離婚や再婚で、苗字が数回変わってます。それと同時に家族という形式もいろんなものがある、と痛感?(笑)実感しました。
「家族っていいよね!実家大好き!」な人もいれば
「家族より友達の方が好き」「家族のなかでも〇〇は好きだけど××はキライ」「家族を知らない」そんな家族観の人もいます。伝統的価値観が崩れ、これまた多様化してる。

三つ目は、性の問題。
LGBTが社会的に取り上げられていますが、その見方は世代や個人によって全く異なる。たんにおじいちゃんおばあちゃんだからとて、理解がないわけではない。
「身体的特徴はあるけども、自分には性がない」と思う人もいるし、「自分は人間よりも好きなものがある」と考えて、建物と結婚した人も海外に実在します。性文化にも単なる男女の二分化では追い付かない現実がある。


ぼくは、自分が知らない世界の人間を知り、どのように対応するかのシミュレーションとして演劇教育はかなり効果があると思います。
例えば女の子の友達Aに「彼氏できた?」って聞いたときに
「もしもAが女の人が好きだということをずっと隠してたら?」みたいな、「もしものシチュエーション」を生徒に与え、演じて見せることで、ペーパーテストではない、ほんとの意味の多様性への理解が促進されるように思います。
「彼氏できた?じゃなくて、好きな人できた?って聞けばいいんじゃね?」
「じゃあ、『人を好きになる』ということがわからなかったら?そもそも人ではないものを好きになる人だったら?」みたいにシチュエーションの難易度を段階的に高めていったりしても、面白いかもしれないですが。

で、こんな演劇教育は、残念ながら学校の先生にはできません。てか、忙しすぎると思うので、やりたくなきゃしなくていいです。 
そのかわり、教員免許をもて余しながら生きている演劇人は沢山いると思うので、そのような「民間の活力」を導入してはくれんかね?
というのが、僕の今考えてるところです。

こんな感じかなあ。
とにかく、昨日のワークショップはこのように、思考の深化を発露させるような、たくさんの実りがありました🙋

また行きたいです‼f:id:akiLa:20181209172212j:plain


もう一度見たい舞台。

好きって訳ではないが、もう一度見たい舞台がある。

それは高校演劇大会の地方予選でおこなわれた、他校によるかぐや姫を脚色した芝居。あれはやばかった。

ヤバかった点を以下に列挙したい。 

⚫業務用のゴミ箱からかぐや姫《らしき人物》がのっそり出てきて、声が小さくて何をいってるかわからない。

⚫生明かりで舞台全体を照らしているのにいきなり、中途半端な小さいボリュームで雷鳴が響く。
それに「う、うわぁー」と棒読みでリアクションする舞台上の数人。

⚫そのあと普通の会話中なのに、突然暗転しストロボ照明の点滅。
おそらく先程の雷鳴を表す照明。
この舞台では音速が光速を遥かに凌駕していた。

⚫主人公《らしき人物》が、舞台中央でたった一人ピンスポを当てられているなか
「えっと…あれ…かぐや姫…?…が…」とまさかの台詞ド忘れ。

⚫台詞ド忘れの時点でたぶん観客は呆れを通り越して応援してた。

(頑張って…思い出して…)
(むしろ暗転して終わろう…)
(もうかれこれ20分無言…)




いろんな意味で観客の心が一つになった舞台を生まれて初めて経験した。

会場の一体感だけ比較すれば、クイーンのライヴに匹敵する(諸説あり)

あの緊張感は、普通の舞台では味わえないと思う。
幕が降りた瞬間、観客全員が安堵したことだろう。

後日、出場校による全体の合評会で、その演劇部は別の高校の先生からマジギレされてた。

その合評会も含めて、もう一度見たい。
真似しようにもあんなんできひんやん普通。
マジギレした木口先生元気かな。

真面目な話、十年も前のことなのに、ここまでつぶさに思い出せるような舞台を作り上げたあの演劇部には本番中に神が降りていたのだろう。もしくは悪霊の神々が…

どんな劇でも思い出してもらえる劇はそれだけで価値があるという、個人的信条を打ち立てているので、あれはあれですごかったのだ。

これが、私がもう一度見たい舞台です。f:id:akiLa:20181128141535j:plain

演劇ワークショップIN浜川崎 無事終了しました!

昨日11月24日に神奈川県の川崎ファクトリーさまにて行わせていただいたワークショップですが、無事に終了しました🙋
幼稚園に通うお子さん、お母さん、演劇部に入っている学生さん、社会人のかた、芸能を志す方など、様々な方にご参加くださいました👼
f:id:akiLa:20181125190709j:plain

反省点はいつものごとく多々ありますが、楽しんでいただけたようで本当によかったです。

実は今回の内容を作成するのは、艱難辛苦の連続でございました。
何度も何度も内容を練り直して、日常における演劇の効用を、どうすればより多くの方にわかっていただけるか、めちゃくちゃ考えました。

その結果、言葉ではない、身体による表現について着目しようと思いました。
現代社会では、言葉が多く出る、ベシャリの上手い人がたいてい勝ちます。
言葉がポンポン出る、論理的にお話できるのは当然大切です。
ところが、たんにベシャリがうまい人であっても、恐ろしいことに、聞き手には
「あ、この人、本当に語りたいことなんて、ないんだな」
と思われてしまうことも多い。論理的にズバズバ話す人であっても、無表情だったら、アンドロイドと変わらない。

もっといけば、表情もあるし、声のコントロールもしっかりしている、けどぜーんぶそれがいわゆる「営業スマイル」、相手に不快に思わせない単なるポーズに過ぎない。(意識高い系のセミナーなどによくあるやつ)
そういう人もいます。道路標識以上絵文字未満の、無機質なマークを見ている感じがしたりしませんか。

f:id:akiLa:20181125190736j:plain

言葉重視の演劇ワークショップになると、上記のような
言葉数が多いひとが勝利する。それに今回のワークショップで小さいお子様もいらっしゃるのは事前に伺っていましたので、言葉ではなく
身体で勝負できるような内容にしようと、毎日錬成しました。
で、当日は
ジェスチャーゲームだったり、ポーズのマネッコ遊びだったり。
いつものごとく、発声、滑舌もやりました。
その結果、参加者の皆様からは好評のお言葉をいただきました・・・!💕
出自が全く異なる方たちが一同に集まったため、最初は緊張している御様子でしたが、最後は非常に不思議な一体感がありました。

f:id:akiLa:20181125190759j:plain

一人で今回のワークショップにいらした大学生の方もいらっしゃいまして、自分の殻をガツガツやぶってるな、と大変感動しました。
僕も、一人でいろんなとこのワークショップに道場破り的テンションで行っては、技を盗みに行くという、自分を壊していく荒行をたくさんやったものです。「自壊行為」は人の精神的な視界を広げます。どんどん自分の殻を破ってほしいと切に願います。

f:id:akiLa:20181125190848j:plain

ワークショップが終わったあと、打ち上げをしました。
参加してくれた女の子や男の子とたくさん話しました。

僕「相棒っていうドラマ見たことある?(こんな唐突な質問どうかしてる)」
女の子「クラスの男子が、『右京さんが~』って喋ってました」
僕「高校の時の俺じゃねーか!」
そんな和気あいあいとした会話をしました。
高校の時、右京さんのものまねをわざわざ友人にケータイもたせて動画とらせたりしてました。安西先生なら僕にこういうでしょう
「まるで成長していない・・・」

男の子は来年小学校なのですが
ティムバートン版バットマンのジャックニコルソンにハマっているそうで、その話で凄まじく二人で盛り上がりました。
彼いわく「ヒースレジャーはいまいち」だそうです。
ぜひ今後BTTFも見てほしい。
きっと「デロリアンが~」とか「時空連続体が~」とか言える、最高にハイな小学生になれるから!
この思い、あの少年とお母さんに届け!!ww

f:id:akiLa:20181125190915j:plain

そんな話などもあった後、川崎ファクトリーの「先生」と深夜1時半まで二人でお話しました。本当に、大海原のようなお話の範囲でした。
内容は心の中にしまっておきたいと思いますが、
今思い起こすと、まるで会場の照明が舞台のスポットライトのように我々二人を照らしていたように感じ、永遠のようでもあり一瞬のようでもあり、といった感じです。

こんなかんじできわめて濃厚な時間を過ごさせていただきました。
本当にありがとうございました🙇

さて、今後の僕の予定は来年2月9日に、大塚にて一人芝居とワークショップをやります。詳細はまたちゃんと告知しますので、どうぞよろしくお願いいたします。
ただ、照明と音響のスタッフが必要です・・・😭
キュー数は15あるかないかです。
誰か僕を助けてください・・・日本円で謝礼出しますから・・・💲←ドルじゃねーかf:id:akiLa:20181125190644j:plain

それも今後大々的に公募することにして、今後もがんばりますので💂
どーぞ生暖かい目で見守ってください🙋

高校生国際指名手配未遂事件《ネタです》

高校の時、
同じクラスにYくんという知り合い(友人ではない)がいた。
彼は様々な伝説を持つ男だった。

10円だまの裏か表かで占いをしたり(史実)

その占いが野球部に人気で長蛇の列ができたり
(諸説あり)

廊下を全力疾走していたときに筋肉質な教師とぶつかり肩を脱臼させてしまったり(史実)

BOOKOFFで立ち読みしてる本の内容をメモしたり(彼いわくアナログ万引き)(史実)

卒業後も私に電話掛けてきて
「この僕がニートになるなんて、いったい誰が予想しただろうね…(ガチャリ」
と意味深なメッセージを残してきたり
(ガチ史実)


そんなこんなで、Yくんは相当数の伝説保持者だった。



で、彼について思い出したのが、修学旅行での
外交問題に発展する恐れがあったほどの大事件。

我々の頃は、高校の修学旅行でオーストラリアに行くことになっていた。

羽田から飛行機に乗り半日かけてオーストラリアの空港に到着した。

国際線の空港はセキュリティが厳しく、黒く巨大な麻薬探知犬が監視員とともに鋭い眼光で施設内を見回していた。

我々がその監視をかいくぐり、ほっと一息ついたその瞬間、事件は起きた。

麻薬探知犬が、我々の修学旅行の一団に向かってけたたましく猛り声をあげた。

「バウッ‼」(諸説あり)

黒毛が煌めく犬は、私たちと同じ制服を着た「彼」に狙いを定め、何度も何度も執拗に叫び声をあげた。
その彼とはもちろん、Yだった。

その犬はこう訴えていた
「こいつが犯人だ」と。
我々は思った
「やりかねない」と。

「Hold your hands!プチョヘンザ」(諸説あり)

探知犬を連れていた監視員が怒号をあげる

「Inside your bag!」

監視員はYくんの鞄の中身を見せるよう指示した。

Yくんは、おそるおそる鞄からなにかを取り出した。

それは、目視で1キロはあると思われる、四角いビニールのパックにパンパンに入った「白い粉」。

終わった。

誰もがそう思った瞬間。
白い粉のビニールパックにはこう書かれていた。

















伯方の塩」(諸説あり)







そう、これはYくんのお母さんが外国に旅立つ彼の身を案じて持たせた「清めの塩」だったのである。

犬はその嗅感覚で
「こいつ、白い粉持ってるぞ!」
とわかったのである。

危うく国際的な問題になりかけたこの事件は意外な結末で幕が下りた。

…というのを、今朝思い出しました。(諸説あり)

結論としては
「諸説あり」
流行語大賞にノミネートさせたいです。





あっ、11月24日に神奈川で演劇ワークショップやるんできてね✨無料です!
詳細はこちら
https://akila.hatenadiary.jp/entry/2018/10/24/230939

申し込みはこちら
https://docs.google.com/forms/d/18n5akztWXvgdze5XGp5jMOnSxs16TnKs9vg8_UYlmNA/edit

ドタ参もオーケー!
緊張しないでおこしやす🙇
(とってつけたような告知で終了)


f:id:akiLa:20181121125606j:plain

ムンク展に行きました‼

ムンク展にいった。

デビューしたてのムンクはベルリンの芸術団体に招待されて展覧会を開いた。しかしながら、まだ印象派の芸術は理解されてない時代だったから、誹謗中傷でフルボッコにされたという。

艱難辛苦の時期を経て、描けるようになったのが「叫び」であった。

実際に、本物のムンクの叫びを目にしたとき
「俺の何がわかるんだ、これが俺の世界で唯一無二のやり方や‼文句あるか‼」
そういう気概を感じた。
10分くらいそこにいられた。

よくわからないものであっても

「これは世界であとにも先にも、わたしにしか作れない、似たり寄ったりのものは絶対に生まれない。だってそれはわたしがみている、わたしの中からの啓示だから」
とでもいうような、
そういう情熱と、それを冷静に受肉させていく精神を大事にしたい。

結局は、誰かにとって忘れられないものをつくったら、勝ちなのだ。

技芸(一般的な意味での芸術)には明確な勝敗がある。

最初から最後まで味わってもらえる作品か

忘れられないでもらえる作品か

ムンク「叫び」実物をみれば、当時ムンクが誹謗中傷を受けたのも仕方がないと思われる。何故なら、当時は印象派に対する理解が進んでおらず、なおかつ「叫び」という作品はその印象派の臨界に達していたからだ。

背骨は側湾し、背景にある暗い緑のフィヨルドと、よどんだ海の境界は頼りない白い線ひとつだけとなり、歪んだ夕焼けの色はドロリと海へ垂れてくる。
叫びに耳を閉ざすその手も、頭部と溶け合って、鼻も目も口も、つまようじで開けたように矮小な点と窪みでしかない。

でも、それらはすべて彼の、魂と同義である脳が見た時空であり哲学であった。
だからこの一言につきる。
「何か文句があるか」

目の中の目
マラーの死
クピドとプシュケ
という絵も大変印象的だった。

そしてやっとグッズを買った。
缶バッチとエコバッグ。
王子神谷でこれを使ってるやつは僕だと思ってくれて構わないです



さて、最後に宣伝を。
今月末11/24(土)神奈川・川崎ファクトリーにて演劇ワークショップ開催します!
無料です👍


ご都合がよろしければぜひお越しください!

以下、詳細でございます。

タイトル:演劇ワークショップin神奈川

(ART SESSION KAWASAKI2018)

日時: 11月24 日(土)17~19時

(ワークショップ終了後、2時間ほど参加者の皆様と交流会を行う予定です。交流会に参加する方は一品持ち寄りでお願いいたします)

場所:川崎ファクトリー

(神奈川県川崎市川崎区鋼管通4丁目14ー18)

料金:入場無料投げ銭

★カフェも同時開催!コーヒー・紅茶などをお出しする予定です。(有料)

概要:

老若男女どなたでも参加できる、演劇のトレーニングを取り入れたワークショップをおこないます。

基本的なストレッチ、ダンスによるからだほぐしなどをおこなったのち、顔の体操や大きな声を出す練習を

おこなってゆきます。ワークショップの最後には、エチュード(即興劇)などをおこないます。

ストレッチや体操、発声練習は身体にとても良い影響があります。

さらに即興で劇を作ることは、相手の心や考えを尊重することにもつながります。

演劇を使って、元気なココロとカラダになりませんか?

特に、難しいことは行いません。私がやるワークショップは、役者になりたい人とかが参加してももちろんいいのですが、

演劇や芸術活動などをほとんどされない方も、日常生活に生かせるようなささやかなヒントをたくさん盛り込んだ内容でございます。


誰でも参加可能!銃なんか捨ててかかってこい‼

ということでよろしくお願いしますwww f:id:akiLa:20181110132639j:plain

f:id:akiLa:20181110132722j:plain

f:id:akiLa:20181110132759j:plain

ABA分布

たしか、鹿児島のトシドンは以前に文化遺産登録されてたよね。 言語学をかじったことがあるので、トシドンとナマハゲを見るとABA分布という概念を思い出さざるを得ない。

 

ABA分布というのは、僕の主観も入るけど簡単に言えば 「もっとも遠いもの同士が同じ性質をもつ」という分布。 昔は京都が言語、ことばが生まれる中心だった。 そこを中心に西と東へ京都の文化のことばが広まっていく。 その間に京都でまた新しいことばが生まれる。

そーなると、最西端と最東端にXということばが到達したときには、
京都ではすでに新しいYということばが生まれている。
従って、まるで北極と南極が同じような極寒の世界であるかのように
最西端と最東端が同じようなことばの特徴を持っている、という現象が起きる。

例えば、鹿児島や福岡などの九州地方と山形や秋田などの東北地方では
助詞「ーを」の方言として「ーば」を用いることがある。
九州と東北で同じ方言が使われている。ABA分布の影響があると考えてよいだろう。
そして、ことばは文化である。文化には当然祭礼も含まれる。

ABA分布によって、極めて距離が遠いはずの秋田のナマハゲと鹿児島のトシドンが酷似しているのは至極当然の結果であるという帰結になる。

しかし、恐るべき深淵はそこにはない。この鬼という表象、イメージが世界中に古来から存在するという歴史的な事実が恐ろしい。

水木しげるが描いたスイスの怪物ロイチェクタなどはまさにナマハゲなどのような風貌であるし、腰みのを着ける南国の妖怪たちとも共通性がないとは言い切れない。
本能的な恐怖や快楽が、文化を造る種であった。
現代のもっとも恐ろしい陥穽のひとつは、「何も感じないこと」が可能になることだ。

何も感じないでずーっと仕事をしてたり、何も感じないで食べて、寝て、それを繰り返すことができてしまうことは、有り体にいえば生きながらにして死んでいる。
そして、そのような生活をする人間ほど長く生きてしまう。恒常性が保たれるからだ。

危機に瀕しても、ホメオスタシスに慣れきった脳は臨機応変な対応が果たしてできるだろうか。

怖い!とか、嬉しい!とか。

大人びていくと虚無に落っこちて、
そういう気持ちがニセモノなんじゃないかと思ってしまうことがある。

それがずっと続くと、肉体は恒常性を保っているが、脳味噌は死んでいく。
だからこそ、定期的に自分を仮想的限界状態に、ポイ、と放り投げる。投企する。

じゃー、お化け屋敷に毎日入ってろってことか?当然違う。

たとえ毎日、異なる世界中のお化け屋敷にいったとて、行き着く先は何にも驚かない肉人形である。

ずっと驚かされるのはいやだ。
ーーだから、明日は驚かしてやる。

その、自分から発する気持ちが、表現に繋がる。

…まあ、こんな気持ちで毎回のワークショップの内容を考えてますwww

カオスをすっとぼけの糖衣で包んだワークショップ。頑張ります。

 

2018.10.31.ハロウィン

そもそもハロウィンというのは我々の先祖たち自身が悪霊になって、悪霊を追い払う儀礼だった。 ゲームや映画のキャラクターの仮装をすることは、本来のハロウィンではない。 ジャンル分けされない、完全不可知の存在に我々が転変してこそ、真のハロウィンなのである。

 

普段、紫のロングコートで歩いてる僕を見ても見ぬふりをするくせに 今日に限って 「ハロウィンのつもりか?」と注目する輩たちめ。

 

渋谷の人混みの中。 生け垣のコンクリートに座り、ギザギザの仮面を取りだし、拍動が高まっていくのを感じながら、一気にすっぽりと被るあの瞬間。 心臓が肥大するような鼓動の強さ、速さ。 今日は大変よい稽古になりました。

何も話さず、ただただ歩きました。

 

反省:怖い人たち、気の強そうなやつらには声をかけない。

   ズボンは今度は厚手の黒革のやつにすること。 ブーツを履くのが好ましい

 

心臓を強くして、今後のワークショップ頑張ります。

 優しそうなカオナシと写真とった。 ありがとうねカオナシ

 

f:id:akiLa:20181101013819j:plain

f:id:akiLa:20181101013450j:plain